母乳が赤ちゃんに与えるのは栄養だけではありません、母乳育児について詳しく解説するサイト『応援します母乳育児』
母乳が赤ちゃんに与えるのは栄養だけではありません、母乳育児について詳しく解説するサイト『応援します母乳育児』

母乳は母親が赤ちゃんに与えることができる最高の栄養であると同時に愛情でもあり、
この上ないごちそうです。
母親の温かで柔らかな胸に抱かれて飲む母乳は、赤ちゃんに幸せを与えます。
いつでもすぐに飲ませてあげれる母乳は母親にとっても楽ですし、赤ちゃんに母乳を飲んで
もらうことで産後の回復も早くなります。
より質のいい母乳を赤ちゃんに与えるためには、まず母親が健康であることが第一です。
産後の食事は栄養バランスに気を付けましょう。管理栄養士の献立本を参考にするといいですね。最近話題のナノバブル水素水を飲み水や料理に取り入れてみるのもいいかもしれません。
そんな母乳の良さを伝えるため、このサイトでは母乳育児のサポートになる事柄について
いろいろと解説しております。

育児中、母親は心身ともに疲れます。家事がおろそかになることもあります。
何でも一人で抱え込まないで、頼れるところは頼りましょう。お掃除もたまにはハウスクリーニング専門業者に依頼してみては?家がキレイになると心も前向きになります。
適度に息を抜くことも母乳育児では大切なことかもしれませんね。

栄養満点

母乳には赤ちゃんが健康に育つために必要な栄養素が過不足なく含まれていて、なおかつ赤ちゃんの消化器官などに負担をかけないようなバランスになっています。

理想の栄養

母乳には赤ちゃんが成長するうえで必要とされる100以上もの栄養素がちょうど良い濃度で含まれており、赤ちゃんにとっては理想の栄養食です。

抱き方にも工夫

母乳のあげ方にはいろいろな姿勢があります。いつも同じ抱き方で授乳を続けていると乳頭が切れたり、乳房にしこりができたりする場合もあります。

免疫物質

母乳は病気に対する抵抗力を強めてくれることから、最初の予防接種とも呼ばれています。特に産後2〜3日に分泌される初乳には、免疫体が豊富に含まれています。

たんぱく質

母乳の中に含まれるたんぱく質は、牛乳に含まれるたんぱく質とは組成が異なります。母乳に多く含まれるたんぱく質は赤ちゃんが消化しやすく、栄養価も高いのが特徴です。

始める時期

離乳食を食べてくれないと、作り方が良くないのか、それとも赤ちゃんの具合が悪いのか、悩んでしまう母親も多いことでしょう。